このページには広告が含まれます。

大阪府の白地図 高槻市に赤枠

高槻市でジェントルマックスプロによる医療脱毛を希望しているあなたに、おすすめクリニックを紹介!

近隣エリアの上位互換クリニックは、絶対に見逃せません。

多少遠くてもわざわざ通う価値がある理由や、高槻市のジェントルマックスプロに関する現実も、詳しく解説しています。

高槻市在住の人におすすめのジェントルマックスプロ導入クリニック

おすすめの医療脱毛クリニックを紹介する女性 イラスト

高槻市でジェントルマックスプロによる医療脱毛を希望するあなたには、理想と現実を考慮した上で2つの選択肢があります。

高槻市のジェントルマックスプロ導入クリニック

高槻市にもジェントルマックスプロ導入クリニックはありますが、一番おすすめとは言えません。

詳しい理由は後述していますが、機種以外の部分が万人向けではないからです。

梅田のウィンクリニック

ジェントルマックスプロがいかに人気機種とはいえ、各市区町村に導入クリニックがあるわけではありません。

高槻市なら、梅田のウィンクリニックがあらゆる面において断然おすすめです。

ウィンクリニックでは現在、期間限定キャンペーンを2つ実施中です。

デビュープラン

  • 対象:部位を選択 5回コース
  • 料金:99,000円(月々1,000円~)
  • 期間:2024年3月31日まで
オープン記念キャンペーン

  • 対象:全身 + 顔 or VIO 5回コース
  • 料金:299,000円 → 180,000円
  • 期間:2024年3月31日まで

ジェントルマックスプロプラスでの施術が確実な上にこの値段は、相当お得です。
新規契約が制限されることもあるので、早めのお申し込みがおすすめです。

全身脱毛5回の通常料金(税込)

クリニック名 全身 全身+顔 全身+VIO 全身+顔+VIO
ウィンクリニック 230,000 299,000 299,000 350,000

ウィンクリニック毎回確実にジェントルマックスプロプラスで施術。
アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方で照射します。

院名 ウィンクリニック 大阪梅田院
所在地 大阪府大阪市北区太融寺町8-2
エーワンビル5階
アクセス 大阪駅徒歩5分
梅田駅徒歩5分
診療時間 11:00~20:00
休診日 なし
おすすめポイント

  • スポット径は26mmを導入
  • アレキとヤグの両方を照射
  • 最大35,000円OFFの割引アリ
  • 追加料金不要
  • 新規契約の獲得より既存顧客の予約枠確保を優先
  • 医療ローンが利用できる
最新機種での施術を確約!

高槻市のジェントルマックスプロ導入クリニックにまつわる現実

本で口元を隠す横目の女性

高槻市には、ジェントルマックスプロ導入クリニックが5院あります。

ここでは、高槻市のジェントルマックスプロ導入クリニックがなぜ一番おすすめではないのかを、解説しています。

具体的には、「実際に使用される機械」「料金プランの内容」「料金相場からの割高感」です。

高槻市のジェントルマックスプロ導入クリニックは5院

ビックリマークと虫眼鏡 写真

高槻市で医療脱毛を行なっているクリニック10院を対象に、導入機種を調査した結果がこちらです。

クリニック名下の( )は、プラン名です。

高槻市の導入機種

クリニック名 機種
TCB東京中央美容外科
(オーダーメイド)
メディオスター Next pro
ラシャ
あきおか形成外科 ジェントルマックスプロ
しもえ皮フ科クリニック 非公開
にしかわ皮フ科クリニック 非公開
ゆう皮フ科クリニック ジェントルマックスプロ
ゆみこ皮フ科クリニック ジェントルマックスプロ
よこた皮膚科クリニック ジェントルマックスプロ
東和会クリニック ベクタス
ライトシェアデザイア
北摂皮膚科クリニック 非公開
麗ビューティー皮フ科クリニック Elite+
ジェントルマックスプロ
クラリティツイン
ソプラノアイス
看護師

複数の機種を導入しているクリニックでは、ジェントルマックスプロやジェントルマックスプロプラスだけでの照射とは限りません。

実際に使用される機械

全身脱毛の施術を受ける女性 写真

ジェントルマックスプロを導入していても、必ず施術で使用されるとは限りません。
機種別プランがあったり機種指定が可能なら間違いありませんが、実際に使用される機種は選べないのが現実です。

ちなみに機種別プランがあったり機種指定が可能な場合、予約が取りにくい恐れがあります。

ジェントルマックスプロは熱破壊式ですが、導入機種によっては蓄熱式で施術される可能性もあります。
熱破壊式のみの医療脱毛を希望しているなら、特に注意すべきポイントです。

料金プランの内容

料金比較 イメージ写真

高槻市でジェントルマックスプロを導入しているクリニックに限定した、主な料金プランの一覧です。

GMPとは、ジェントルマックスプロの略です。

比較一覧表クリニック名下の( )内は、プラン名です。

「-」は該当プランが存在しないことを表しています。

こちらの料金表は通常料金のみで、キャンペーンは含みません。

全身脱毛の料金を比較

「全身脱毛」では、「顔」や「VIO」は含まれていません。
同時契約すると割安になるクリニックが多いです。

また、クリニックによっては「うなじ」や「手足の甲指」も含まれていない場合があるので、事前に必ず確認しておきましょう。

GMP高槻市の全身脱毛の料金一覧

クリニック名 全身 全身+顔 全身+VIO 全身+顔+VIO 回数
あきおか形成外科
ゆう皮フ科クリニック
ゆみこ皮フ科クリニック
よこた皮膚科クリニック
麗ビューティー皮フ科クリニック 594,000 699,600 673,200 778,800 5

顔脱毛の料金を比較

顔全体を対象としたプランの料金です。
クリニックによって範囲が明記されていない場合があるため、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

GMP高槻市の顔脱毛の料金一覧

クリニック名 回数
あきおか形成外科 11,000 1
ゆう皮フ科クリニック 88,000 5
ゆみこ皮フ科クリニック 11,000 1
よこた皮膚科クリニック
麗ビューティー皮フ科クリニック 105,600 6

VIO脱毛の料金を比較

「VIO脱毛」は、「Vライン」「Iライン」「Oライン」がセットになったプランの料金です。

「VIO脱毛」は、アンダーヘアを好きなデザインにしたり全部なくすこともできます。

ただし「ハイジニーナ脱毛」が別に設定されている場合、「VIO脱毛」では無毛にはできません。
該当クリニックは少ないため、ここでは「ハイジニーナ脱毛」は割愛しています。

GMP高槻市のVIO脱毛の料金一覧

クリニック名 VIO 回数
あきおか形成外科
ゆう皮フ科クリニック 132,000 5
ゆみこ皮フ科クリニック 110,000 5
よこた皮膚科クリニック
麗ビューティー皮フ科クリニック 79,200 6

支払い方法

支払い方法 イメージ写真

ジェントルマックスプロによる施術が確実で希望する脱毛プランがリーズナブルでも、支払い方法の選択肢が不十分な場合があります。

医療脱毛の支払い方法は、「現金」「クレジットカード」「医療ローン」が一般的です。

現金やクレジットカードでの一括払いは、絶対におすすめしません。
万が一倒産した場合、1円も返金されない特大リスクを含んでいるからです。

クレジットカードでの分割払いは支払い条件に融通が利かない上、金利は10%~15%と高めです。
最大支払い回数が短かったり、ボーナス月の支払額を自由に設定できません。
選択順としては、2番手となります。

医療ローンは審査に通る必要がありますが、毎月の負担が小さく一番おすすめな支払い方法です。
安定収入があり支払いの延滞がなければ、審査を恐れる必要はありません。

医療ローンは最大支払い回数を長く設定できる場合が多く、ボーナス月の支払額も自由に設定できます。
また、金利は10%未満と割安です。

ウィンクリニックまで通うメリットデメリット

高槻市にもジェントルマックスプロ導入クリニックはありますが、検証の結果検討の余地があることが判明しました。

そこでおすすめなのが、近隣エリアでの検討です。

実は通える範囲内の可能性が高い梅田には、ジェントルマックスプロプラス確約クリニックがあります。
それが、ウィンクリニックです。

「ジェントルマックスプロプラスでの施術頻度」「充実したプラン内容」「リーズナブルな料金」「医療ローンに対応」など、高槻市のジェントルマックスプロ導入クリニックよりおすすめです。

ここでは、ウィンクリニックまで通うメリットデメリットについて解説しています。

ジェントルマックスプロプラスによる施術が確実

ウィンクリニックの導入機種は、ジェントルマックスプロプラスのみです。
したがって、ジェントルマックスプロプラスによる医療脱毛が確実に受けられます。

ジェントルマックスプロプラスはジェントルマックスプロの後継最新機種で、更に優れたスペックに進化しています。

「全身」「顔」「VIO」のセットプランがある

ウィンクリニックでは、「全身」「顔」「VIO」といったセットプランが用意されています。

部位をまとめて脱毛したい人には、必須のプランです。

料金は相対的にリーズナブル

ジェントルマックスプロやジェントルマックスプロプラス確約クリニックの料金は、相場より高いケースがよく見られます。

この理由は、導入コストや維持管理費が他の機種より高いためです。

ですが、ウィンクリニックではそこまでの割高感は感じません。

機種を踏まえた上で料金を考慮した場合、むしろリーズナブルです。

支払いが楽な医療ローンを利用できる

ウィンクリニックではもちろん、医療ローンも利用できます。

審査に通る必要はありますが、低金利で支払い条件にも融通が利きます。
毎月の支払いはムリのない範囲内に抑えられるため、全身脱毛にも手が届きます。

移動に多少時間がかかる

高槻市からウィンクリニックに通う最大のデメリットが、移動距離です。

ジェントルマックスプロやジェントルマックスプロプラス導入クリニックは数が限られるため、ある程度移動距離が長くなるのは仕方ありません。

念のため、「移動手段」「移動時間」「交通費」「施術時間」「診療時間」「休診日」などは確認しておきましょう。

ちなみに高槻駅から大阪駅までは、JR京都線新快速で15分程度です。
交通費は、往復で580円ほどです。

ウィンクリニックがおすすめな人

白衣の女性看護師 写真

高槻市でウィンクリニックがおすすめな人は、問題なく通える人です。

ジェントルマックスプロやジェントルマックスプロプラスは全国的に見ても導入クリニックが少ないため、移動距離は長くなりがちです。
ですが高槻市から梅田までなら、十分通える範囲内です。

もし問題なく通えるなら、ウィンクリニックは間違いなく一番おすすめできます。

ジェントルマックスプロ/プラスが人気なワケ

施術室のジェントルマックスプロ 写真

女性とジェントルマックスプロプラス 写真

ジェントルマックスプロ(GentleMax Pro)やジェントルマックスプロプラス(GentleMax Pro Plus)ががなぜ人気なのか、その理由を解説します。

ジェントルマックスプロとは、アメリカのシネロン・キャンデラが製造販売する長期減毛・色素性疾患用レーザー装置です。
つまり、脱毛効果と美肌効果が期待できる機械なんです。

(※)ジェントルマックスプロプラスは、ジェントルマックスプロの後継最新機種です。

ジェントルマックスプロ(GentleMax Pro)やジェントルマックスプロプラス(GentleMax Pro Plus)は歴史と実績があるジェントルシリーズの系譜で、日本でも長年にわたって高い人気を誇ります。

ジェントルマックスプロは、2018年5月に発売。
ジェントルマックスプロプラスは、2022年1月に発売。

主な特徴

  • 剛毛にも産毛にも対応
  • 色黒肌や日焼けした褐色肌でもOK
  • 冷却ジェル不要で痛みが小さい
  • 施術時間が短い

脱毛効果と美肌効果が高い

ジェントルマックスプロの人気が高い一番の理由が、脱毛効果です。

ジェントルマックスプロは、他の機種よりあらゆる面でハイスペックなんです。
そしてジェントルマックスプロプラスは、更に優れたスペックに進化しています。

例を挙げると、高出力での照射が可能なほか、速射性能や照射時間の調整力が優れています。

厚生労働省からは、「長期減毛および表在性の皮膚良性色素性疾患の治療での薬事承認」を取得しています。
ジェントルマックスプロの医療承認番号:23000BZX00128000
ジェントルマックスプロプラスの医療承認番号:30200BZX00304000

つまり、脱毛効果やシミへの効果が国から認められているんです。
もちろん、安全性についてもお墨付きです。

そしてジェントルマックスプロもジェントルマックスプロプラスも、アメリカFDAからの承認も得ています。

あらゆる毛質に効果が高く幅広い肌質に安全に照射できる

ジェントルマックスプロもジェントルマックスプロプラスも、アレキサンドライトレーザー(755nmの波長)とヤグレーザー(1,064nmの波長)を1台に搭載し、切り替え式でどちらか一方のみを照射する熱破壊式に特化した医療脱毛機です。

アレキサンドライトレーザーは剛毛に強いだけでなく、美肌効果もあります。
また、アレキサンドライトレーザーはメラニン色素をターゲットとしているため、本来なら産毛には効果が落ちます。
ジェントルマックスプロもジェントルマックスプロプラスも照射時間を極端に短くすることで瞬間的なパワーを上げられるため、メラニン色素が薄い産毛にも効果を発揮できます。

ヤグレーザーはメラニン色素への依存度が低いため、産毛にも効果を期待できるだけでなく色黒肌にも安全に照射できます。

冷却ガスで痛みを大幅軽減

脱毛機は一般的に、痛みを軽減するための冷却装置とワンセットで使用されます。
「空気」「ガス」「吸引」がありますが、もっとも痛みの軽減効果が高い方法が「ガス」による冷却です。

ジェントルマックスプロやジェントルマックスプロプラスはDCD(ダイナミッククーリングデバイス)を搭載し、冷却ガスで皮膚表面を瞬間的に-26℃に冷却します。
DCDはシネロンキャンデラの特許技術で、他メーカーの脱毛機には搭載されません。

痛みの軽減効果が高いことも、高出力での照射を可能にしています。

スポットサイズが大きい

ジェントルマックスプロとジェントルマックスプロプラスの標準スポットサイズは、最大18㎜径です。

オプションサイズを導入していれば、ジェントルマックスプロは最大24mm径、ジェントルマックスプロプラスは最大26mm径となります。

スポットサイズが大きいほど照射面積が広くなるため、ショット数が減り施術時間が短くなります。

他にも、痛みが小さくなる、より深くまでレーザーが届くようになって深い毛への効果が高まる、といったメリットもあります。

まとめ

人差し指1本で一番のポーズをする女性 写真

高槻市にもジェントルマックスプロの導入クリニックはありますが、積極的におすすめできるほどの条件は整っていませんでした。

梅田まで足を伸ばせば、より条件の良いクリニックでジェントルマックスプロ/プラスによる医療脱毛を受けられます。

ウィンクリニックまで通うメリットデメリット に戻る