このページには広告が含まれます。

ウィンクリニック メリット デメリット イメージ写真

ウィンクリニックはどんな医療脱毛クリニックなのか詳しく知りたいあなたのために、デメリットとメリットという視点から詳しく紹介しています。

メリットデメリットは、ウィンクリニックだからこそ感じるのかどうかを基準に選定

最後まで読めばきっと、ウィンクリニックの医療脱毛に通うべき理由が見えてくるでしょう。

ウィンクリニックのデメリット

デメリット イメージ写真

まずはウィンクリニックのデメリットから紹介していきます。

脱毛機特有のデメリットが多いですが、導入機種はクリニックによって違うためです。

ウィンクリニックだからこそ感じるデメリットは、決して多くありません。

部位によっては痛みを感じる

脱毛で膝下に照射されている女性 写真

ウィンクリニックは、ジェントルマックスプロプラスのみで施術を行ないます。
ジェントルマックスプロプラスは熱破壊式なのに痛くない、と評判の脱毛機です。

とはいえ完全無痛ではなく、皮膚が薄い部位や骨が近い部位では痛みを感じやすいです。
具体的には、「顔」「VIO」「膝・膝下」などです。

痛みが心配な場合は、麻酔クリームを無料で利用できます。

丸型スポットのため照射漏れしやすい

スポット形状が分かるジェントルマックスプロプラスの画像

ウィンクリニックで使っている脱毛機(ジェントルマックスプロプラス)は丸型(ラウンドスポット)のため、照射漏れしやすい形状と言えます。

ですがラウンドスポットは、ジェントルマックスプロプラスに限った話ではありません。
熱破壊式の大半の脱毛機がラウンドスポット、という事実があります。

硬毛化のリスクがある

硬毛化 イメージイラスト

ジェントルマックスプロプラスは主にアレキサンドライトレーザーを照射しますが、硬毛化のリスクが知られています。

硬毛化とは、細く薄い毛が太く濃い毛に変わる現象です。
ただ現時点では、原因はまったく分かっていません。

アレキサンドライトレーザーによる硬毛化が多く報告されているのは、医療脱毛でもっとも多く使われているから、という見方が主流です。

料金は決して最安値ではない

電卓に表示された金額を指さして見せてくる女性 写真

導入コストも維持管理費も高いジェントルマックスプロプラスのみで施術する割に、ウィンクリニックの料金はとてもリーズナブルです。

とはいっても、決して最安値ではありません。

もし料金を最優先に医療脱毛クリニックを選ぶなら、各地域での最安値クリニックを探すべきです。

剃り残しにはシェービング代が発生する

請求書 イラスト

ウィンクリニックはシェービング代無料ですが、これは「えりあし」「背中」「腰」「Oライン」など自分では手が届かない部位限定です。

それ以外で剃り残しがあった場合は、1部位税込1,100円請求されます。

他の医療脱毛クリニックと比較すると、ウィンクリニックのシェービング代は安いです。

契約したくてもできない可能性がある

SOLD OUT イメージ写真

ウィンクリニックは既存ユーザーの予約枠を確保するために、新規ユーザーの受け入れを停止する場合があります。

この場合、契約したくてもすぐには契約させてもらえません。

その点を踏まえた上で、無料カウンセリングに申し込みましょう。

ウィンクリニックのメリット

メリット イメージ写真

ここからは、ウィンクリニックだからこそ感じるメリットについて紹介していきます。

脱毛機に関する内容が多いですが、実は同じジェントルマックスプロプラスでもクリニックによって運用方法が異なります。

ジェントルマックスプロプラスでの施術を希望するなら、特に確認すべきチェック項目です。

ジェントルマックスプロプラスでの施術が確約されている

ウィンクリニックに導入されているジェントルマックスプロプラスの写真

ウィンクリニックで使用する脱毛機は、ジェントルマックスプロプラスの1機種のみです。

複数の機種を導入しているクリニックでは、基本的に機種は指定できません。
ですがウィンクリニックなら、確実にジェントルマックスプロプラスでの施術が受けられます。

熱破壊式だけで脱毛してもらえる

脱毛機によっては熱破壊式と蓄熱式の切替が可能な機種もありますが、ジェントルマックスプロプラスは熱破壊式のみでの施術となります。

熱破壊式は蓄熱式と比べて歴史が長く、その分信頼と実績が豊富です。

一方の蓄熱式は、残念ながら効果がないと感じている人が多いのも事実です。
ただしこれは蓄熱式自体の問題ではなく、正しい出力設定が行なわれていないことが原因と考えられています。

そういう意味でも、熱破壊式だけの方がより脱毛効果を感じやすいと言えます。

熱破壊式なのに痛みを感じにくい

熱破壊式は大きな痛みが最大のデメリットと言えますが、実はジェントルマックスプロプラスではそこまで痛くありません。

脱毛機には痛みを軽減するための冷却装置が装備されていますが、ジェントルマックスプロプラスの冷却装置は特に強力だからです。

レーザー照射前にー26℃の冷却ガスを噴射することで、照射部位を保護します。
冷却性能が高いため、痛みを大幅に軽減できます。

「思ったより全然痛くなかった」、という口コミが目立ちます。

冷却ジェル不要のため不快感がない

ジェントルマックスプロプラスに限らずすべての熱破壊式の脱毛機は、冷却ジェルが不要です。

熱破壊式に冷却ジェルが不要な理由は、脱毛機に冷却機能が備わっているためです。

また、熱破壊式は単発照射で肌を滑らせる必要がないため、潤滑油的な役割も担うジェルは必要ありません。

冷却ジェルに不快感を感じない点は、地味ですが大きなメリットです。

26mmのスポットサイズを導入している

ジェントルマックスプロプラスの標準スポットサイズは18mmですが、オプションスポットを導入すれば最大26mmになります。

スポットサイズが大きいほど施術時間が短縮されるのはもちろんですが、「レーザーがより深くまで届く」「痛みが軽減される」といった効果もあります。

「ジェントルマックスプロプラスは26mmの大口径スポットでの施術が可能」という説明しかしていないクリニックが多いですが、これだけでは単に仕様上の説明なのか実際にオプションスポットを導入しているのかの判断ができません。

その点ウィンクリニックは公式ホームページで、ウィンクリのジェントルマックスプロプラスは26mm大口径、とハッキリ明言されています。

施術時間が短い

熱破壊式の脱毛機は単発照射のため、施術時間が長くなりがちです。

ですがジェントルマックスプロプラスは速射性能にも優れているため、他の熱破壊式脱毛機より施術時間が短縮されています。

更にウィンクリニックは26mmの大口径スポットを導入しているため、全身脱毛でも約60分で照射が完了します。
他機種では、全身脱毛の照射完了までに120分かかる機種もあります。

美肌効果にも期待できる

ジェントルマックスプロプラスは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類を搭載しています。

主にアレキサンドライトレーザーで施術されますが、実は毛穴の引き締めやリフトアップ、シミやくすみの改善といった美肌効果も期待できる特徴を持っています。

ただし脱毛の施術を受けることで得られる美肌効果は、あくまでも副次的作用に過ぎません。
本来、脱毛と美肌では機械の出力設定や施術方法が異なるからです。

アレキとヤグを使い分けてくれる

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーのプラカードを持つ女性看護師 写真

ジェントルマックスプロプラスはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類を搭載していますが、中にはヤグレーザーの照射は別料金になっているクリニックもあります。

更に言えば、女性にはヤグレーザーを照射しないクリニックもあります。

ですがウィンクリニックでは毛質や肌質に合わせて照射するレーザーを使い分けてくれるため、幅広い毛質や肌質に対応できます。

ヤグレーザーは補助的な役割ですが、「産毛」や「メラニン色素が濃い部位」に有効です。

太く濃い毛への脱毛効果が高い

ジェントルマックスプロプラスで主に照射されるアレキサンドライトレーザーは、特に太く濃い毛に高い効果を発揮します。

これは、レーザー脱毛で使われる3種類のレーザーの中で、もっともメラニン色素に反応しやすいためです。

更にジェントルマックスプロプラスは他の機種と比べて出力が高いため、より高い効果が期待できます。

参考までに言えば、高機能な冷却機能で皮膚を保護できるからこそ、高出力での照射が可能となっています。

産毛にも効果が落ちにくい

ジェントルマックスプロプラスが産毛にも効果を期待できる理由は、メラニン色素にもっとも反応しないヤグレーザーの存在だけではありません。

ジェントルマックスプロプラスはパルス幅(照射時間)が短いため、アレキサンドライトレーザーでも産毛に対して瞬間的に大きなダメージを与えられます。

パルス幅が長いとエネルギーが周囲に拡散するため、色素の薄い産毛にはダメージ効率が下がるんです。

日焼けした肌や色黒肌にも照射可能

脱毛できる肌の色 カラーチャート

ジェントルマックスプロプラスなら日焼けした肌や色黒肌にも照射可能ですが、実は平均的な日本人の肌の色なら誰でもどの脱毛機でも問題ありません。

照射を断られる可能性があるのは、平均以上に色の濃い肌や色素沈着している部位です。

ですがウィンクリニックはヤグレーザーも使用するため、平均以上に色の濃い肌や色素沈着している部位にも照射してもらえます。

最高ランクの機種なのに料金が安い

財布を持つ笑顔の女性 写真

ウィンクリニックに1部位1回単位のプランはほぼなく、全身脱毛をはじめとしたセットプランが中心となっています。

最高ランクの機種であるジェントルマックスプロプラスは導入コストや維持管理費が他の機種より高額なため料金は相場を大きく上回りがちです。

この点を考慮すると、ウィンクリニックの料金はかなり安く設定されていることが分かります。

例えば顔もVIOも含む全身脱毛では、5回で350,000円(税込)となっています。

その他のプランも含め、詳しく知りたい場合はウィンクリニックの料金プランで確認できます。

割引が利用できる

ウィンクリニック 割引

ウィンクリニックは機種の割にリーズナブルな料金設定となっていますが、更に「ペア割」「学割」「のりかえ割」といった割引まで用意されています。

どれを使っても、脱毛料金が10%OFFになります。
割引の併用はできません。

各種割引の適用条件については、ウィンクリニックの割引で確認できます。

追加料金不要

ウィンクリニック 追加費用0円 画像

ウィンクリニックでは、追加料金不要となっています。

「初診料・再診料」「麻酔」「テスト照射」「カウンセリング」「肌トラブル時の治療薬」「アフターケアクリーム」「施術予約キャンセル料」などは、すべて無料となっています。

条件が設けられている項目もありますが、ウィンクリニックでは基本的に脱毛コース代金以外の料金は発生しません。

医療ローンが利用できる

ローン イメージ写真

医療ローンは審査に通る必要がありますが、安定収入があれば基本的に問題はありません。

使途が医療費に制限されている分、金利が低い点がメリットです。

万が一倒産した場合は、「支払い停止の抗弁」によって未施術分の代金の支払いは高確率でストップできます。

予約が取りやすい具体的な施策がある

営業時間 イラスト

特に地方では、「診療時間が夕方まで」「土日祝日休診」というクリニックが目立ちます。

ですがウィンクリニックは、休診日なしで毎日20時まで診療しています。

平日の仕事帰りにも十分通えるため、予約の取りやすさにもつながります。

またウィンクリニックでは、既存ユーザーの予約枠を確保するために月間の新規契約者数を制限しています。

肌トラブル時の治療費無料

不満そうに腕を触る女性 写真

ウィンクリニックでは、高出力の単発照射によって脱毛の施術を行ないます。
冷却ガスで痛みは感じにくくなっていますが、実は肌には大きな刺激となっています。

そのため、赤みが出るなど肌トラブルが起こってしまうケースがあります。

ですが専門医が無料で適切な処置を行なってくれるので、安心です。

まとめ

人差し指1本で一番のポーズをする女性 写真

ウィンクリニックのメリットデメリットを深掘り解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

ウィンクリニックは多少遠くても通う価値がある、とお分かり頂けたと思います。

もし気に入れば、無料カウンセリングを受けてみましょう。
契約するかどうかは、院内の雰囲気やスタッフさんの対応を確認してから決めればOKです。

公式サイトでは照射漏れへの対応が明記されていないため、無料カウンセリングで確認しておきましょう。



ウィンクリニックでは現在、期間限定キャンペーンを2つ実施中です。

デビュープラン

  • 対象:部位を選択 5回コース
  • 料金:99,000円(月々1,000円~)
  • 期間:2024年3月31日まで
オープン記念キャンペーン

  • 対象:全身 + 顔 or VIO 5回コース
  • 料金:299,000円 → 180,000円
  • 期間:2024年3月31日まで

ジェントルマックスプロプラスでの施術が確実な上にこの値段は、相当お得です。
新規契約が制限されることもあるので、早めのお申し込みがおすすめです。

全身脱毛5回の通常料金(税込)

クリニック名 全身 全身+顔 全身+VIO 全身+顔+VIO
ウィンクリニック 230,000 299,000 299,000 350,000

ウィンクリニック毎回確実にジェントルマックスプロプラスで施術。
アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方で照射します。

院名 ウィンクリニック 大阪梅田院 ウィンクリニック 神戸三宮院
所在地 大阪府大阪市北区太融寺町8-2
エーワンビル5階
兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-3
協律三宮センタービル6階
アクセス 大阪駅徒歩5分
梅田駅徒歩5分
JR 三ノ宮駅徒歩1分
ポートライナー 三宮駅徒歩3分
阪神本線 神戸三宮駅 徒歩3分
診療時間 11:00~20:00 11:00~20:00
休診日 なし なし
おすすめポイント

  • スポット径は26mmを導入
  • アレキとヤグの両方を照射
  • 最大35,000円OFFの割引アリ
  • 追加料金不要
  • 新規契約の獲得より既存顧客の予約枠確保を優先
  • 医療ローンが利用できる
最新機種での施術を確約!