このページには広告が含まれます。

ウィンクリニック 院内イメージ写真 ジェントルマックスプロプラス 写真

ウィンクリニックでの医療脱毛を検討しているなら、どんな機械で施術されるのかも気になるんじゃないでしょうか?

そこでここでは、ウィンクリニックが脱毛の施術で使用する機械(ジェントルマックスプロプラス)の主な特徴を紹介します。

「施術方式」「照射するレーザーの種類」「毛質や肌質への対応力」などが分かります。

ジェントルマックスプロプラスのオプション装備の導入状況も、あわせて確認しておきましょう。

ウィンクリニックの機械は1機種のみ

女性とジェントルマックスプロプラス 写真

医療脱毛を行なうクリニックでは、複数機種導入も珍しくありません。
ですがウィンクリニックでは、ジェントルマックスプロプラス(GentleMax Pro Plus)の1機種のみとなっています。

他の機械で施術される可能性がないため、ジェントルマックスプロプラスでの脱毛を希望する女性におすすめです。

ジェントルマックスプロプラス以外も導入しているクリニックの場合だと、機種指定ができたり機種別のプランがない限り、実際はどの機械で施術されるのか分からない現実があります。

ウィンクリニックは、ジェントルマックスプロプラスを強く希望していない女性にももちろんおすすめです。

それでは早速、ウィンクリニックで使われているジェントルマックスプロプラスはどんな機械なのか、その特徴をチェックしていきましょう。

ウィンクリニックの機械の特徴

ジェントルマックスプロプラスの特徴をまとめた画像

ウィンクリニックの機械(ジェントルマックスプロプラス)の特徴は、以下の通りです。

主な特徴

  • 厚生労働省から薬事承認を取得
  • 熱破壊式のみで施術
  • 熱破壊式なのに痛くない
  • 太く濃い毛だけでなく細く薄い毛にも効果的
  • 日焼けした肌や色黒肌にも照射可能
  • 大口径26mmのスポットサイズを導入
  • 脱毛効果と美肌効果

それぞれについて、以下で補足します。

厚生労働省から薬事承認を取得

医療脱毛は、国家資格を持つ医師や看護師によって施術されます。
機械にも同様に、国(厚生労働省)に認可されているかいないかの違いがあります。

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)は、厚生労働省から「長期減毛および表在性の皮膚良性色素性疾患の治療での薬事承認」を取得しています。
ジェントルマックスプロプラスの医療機器承認番号:30200BZX00304000

つまり、脱毛効果やシミへの効果が認められているってことです。
もちろん、安全性についてもお墨付きです。

医療脱毛で使用される機械はたくさんありますが、厚生労働省による薬事承認を取得している機械は決して多くありません。

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)なら、効果も安全性も信頼できます。

ちなみにウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)は、日本の厚生労働省だけでなく、アメリカのFDAからも承認されています。

熱破壊式のみで施術

医療脱毛の施術方式には、「熱破壊式」と「蓄熱式」があります。
機械によっては「熱破壊式」と「蓄熱式」の切り替えができますが、ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)は「熱破壊式」のみとなっています。

熱破壊式はメラニン色素がターゲットで、レーザーを高出力で単発照射します。
レーザーは黒いメラニン色素に吸収されることで、熱に変換されます。
毛母細胞や毛乳頭を高熱のダメージで破壊することで、脱毛効果を得ます。

POINT!

熱破壊式は毛母細胞や毛乳頭といった組織を破壊する行為のため、医療機関にしか許可されていない施術方式です。

脱毛サロンでは熱破壊式の施術は受けられませんし、永久脱毛の効果もありません。

毛母細胞や毛乳頭が破壊された毛は、施術後数日で抜け落ちるポップアップ現象が起こります。
脱毛効果を実感しやすい点も、熱破壊式のメリットです。

ただし、毛周期に合わせなければ効果が期待できません。
そのため、施術間隔は1ヶ月半~2ヶ月空ける必要があります。

この期間は概ね、毛の生え替わりのサイクルと同じ間隔となっています。

熱破壊式なのに痛くない

ウィンクリニックの機械(ジェントルマックスプロプラス)は熱破壊式のみでの照射のため、痛みの大きさが心配かもしれません。

ですがウィンクリニックの口コミでは、「痛くない」と評判です。
特に痛みが大きいVIOについても、「思っていたほど痛くなかった」との感想も見られます。

その理由は、DCD(ダイナミッククーリングデバイス)という冷却装置にあります。

レーザーの照射と同時に冷却ガスを噴射し、照射部位を冷やします。
冷却によって、痛みや火傷、炎症、毛嚢炎などのリスクを最低限に抑えてくれます。

また、施術前の冷却ジェルの塗布が不要なため、不快感もありません。

太く濃い毛だけでなく細く薄い毛にも効果的

医療脱毛では主にレーザーが照射されますが、全部で3種類あります。
「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」です。

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)には、「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」という別々の波長を持った2種類のレーザーが搭載されています。

レーザーの比較

項目 アレキサンドライトレーザー
(熱破壊式)
ダイオードレーザー
(熱破壊式)
ヤグレーザー
(熱破壊式)
波長 755nm 800~900nm 1064nm
剛毛への効果
産毛への効果
痛みの大きさ 痛い あまり痛くない すごく痛い
色黒肌
日焼け肌
不可 不可
美肌効果 ×
特徴
  • 3種類のレーザーの中で
    黒い色(メラニン色素)に
    一番よく反応する
  • 医療脱毛でのシェアNo.1
  • 熱破壊式がメイン
  • 3種類のレーザーの中で
    もっとも痛みが小さい
  • レーザーの照射範囲が広い
  • 毛質や肌質への対応力が高い
  • 熱破壊式と蓄熱式に対応
  • 3種類のレーザーの中で
    もっとも痛い
  • メラニンへの反応が弱い
  • 剛毛にも産毛にも有効
  • 熱破壊式がメイン
  • 補助的な役割
メリット
  • シミ等にアプローチ可
  • 美容効果アリ
  • 肌トラブル少
  • 痛みが少ない
  • 施術時間が短い
  • 日焼けや色素沈着OK
  • 剛毛にも効果大
デメリット
  • 産毛には反応しにくい
  • 色黒肌や日焼け肌はNG
  • 日焼け肌への照射不可
  • 一番痛い
  • 肌トラブルのリスク



熱破壊式の大半は、実はアレキサンドライトレーザーです。
そのため、アレキサンドライトレーザーのデメリットと熱破壊式のデメリットはほぼ同じとも言えます。

ただしウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)のように、ヤグレーザーも搭載している場合は該当しないことがあります。

それが、「毛質や肌質への対応力」です。

ヤグレーザーは補助的にしか使われませんが、アレキサンドライトレーザーのデメリットを補ってくれるため、機械に搭載されているかいないかは大きな違いとなります。

日焼けした肌や色黒肌にも照射可能

熱破壊式は一般的に、日焼けした肌や色黒肌には照射できません。
なぜならメラニン色素をターゲットに高出力で照射するため、やけどのリスクが非常に高いからです。

ですがウィンクリニックの機械(ジェントルマックスプロプラス)は、ヤグレーザーも搭載しています。
ヤグレーザーは波長が1064nmと長く肌の深層まで届くため、表皮のメラニン色素には反応しません。

そのため多少なら、日焼けした肌や色黒肌にも照射可能となっています。
同じ理由で、ワキやVIOなど色素沈着した部位にも安全に照射できます。

重要ポイント!

ジェントルマックスプロプラスを導入していても、ヤグレーザーでの照射が別料金になっていたり、ヤグレーザーを照射しないクリニックもあります。

ウィンクリニックでは、太く濃い毛にはアレキサンドライトレーザー、産毛や色が濃い肌にはヤグレーザー、というように、毛質や肌質によって照射するレーザーを使い分けてくれます。

もちろん、ヤグレーザーの照射に追加料金は不要です。

ウィンクリニックで顔脱毛もすれば、産毛がなくなって肌がワントーン明るくなりますし、美肌効果にも期待できます。

大口径26mmのスポットサイズを導入

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)の標準スポットサイズは、最大18mmです。

ですがウィンクリニックはオプションも導入しているため、スポットサイズは最大26mmとなっています。

スポットサイズが大きいほど施術時間が短縮されるだけでなく、「痛みが小さくなる」「より深くまで届く」といったメリットがあります。

全身脱毛プランの施術に掛かる時間は約120分程度が大半ですが、ジェントルマックスプロプラスならレーザーの照射自体は約90分前後で終了します。

ジェントルマックスプロプラスを導入しているクリニックはたくさんありますが、オプションのスポットサイズまで導入しているクリニックは決して多くありません。

脱毛効果と美肌効果

ウィンクリニックの機械(ジェントルマックスプロプラス)は、主にアレキサンドライトレーザーが照射されます。

アレキサンドライトレーザーは太く濃い毛に高い脱毛効果を発揮しますが、同時に毛穴の引き締めやリフトアップ、シミやくすみの改善といった美肌効果も期待できる特徴を持っています。

厚生労働省から「長期減毛および表在性の皮膚良性色素性疾患の治療での薬事承認」を得ている理由が、ここにあります。

脱毛の施術を受けることで得られる美肌効果は、あくまでも副次的作用に過ぎません。
本来、脱毛と美肌では機械の出力設定や施術方法が異なります。

脱毛効果には個人差や部位差がありますが、施術回数は5回~8回必要になります。

ウィンクリニックの施術間隔は1ヶ月半~2ヶ月のため、通い終わるまでの期間は8ヶ月~16ヶ月かかります。

ウィンクリニックの機械のメリットデメリット

メリットデメリット イメージ写真

ここでは、ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)のメリットデメリットをまとめています。

メリット

  • 幅広い毛質や肌質に対応できる
  • 脱毛効果と美肌効果が認められている

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)は、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つの波長を1台に搭載しています。

アレキサンドライトレーザーだけでは「産毛には効果が落ちる」「日焼けした肌や色黒肌には照射不可」といったデメリットがありますが、ヤグレーザーがそのデメリットを補完しています。

また、脱毛効果やシミへの効果で薬事承認を取得しているため、安全で効果の高い施術を受けられます。


デメリット

  • 短期間では終わらない
  • 痛みを感じる
  • 照射漏れの可能性がある
  • 硬毛化のリスクがある

ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)は熱破壊式のため、毛周期に合わせた施術となります。
そのため、施術間隔は1ヶ月半から2ヶ月となります。
5回完了するまでには、10ヶ月程度かかります。



ウィンクリニックで使っている機械(ジェントルマックスプロプラス)には、痛みを緩和するためにDCD(ダイナミッククーリングデバイス)が搭載されています。

痛みの軽減装置としてはもっとも効果的な冷却ガスを、レーザーの照射直前に噴射して表皮を保護します。
他の熱破壊式の機械と比較すれば痛みは抑えられていますが、それでも無痛というわけにはいきません。
ある程度の痛みは覚悟しておく必要があります。



熱破壊式でアレキサンドライトレーザーを照射する機械の照射面(スポット)は、丸型になっています。
しかも熱破壊式は単発照射のため、照射面は1発ずつ肌から離します。
照射済みの箇所でも見た目の変化はないため、照射漏れの可能性は否定できません。



医療脱毛、とりわけアレキサンドライトレーザーによる熱破壊式で、硬毛化が報告されています。
硬毛化とは、細く薄い毛が太く濃い毛に変わる現象です。

発生確率もよく分かっていませんが、とりあえず3%ということになっています。
その他原因も分かっていないので、現時点ではハッキリした対応策も定まっていません。

機械のデメリットに対するウィンクリニックの対応

医師と看護師 写真

ここでは、機械(ジェントルマックスプロプラス)のデメリットについて、ウィンクリニックはどんな対応をしてくれるのかを紹介します。

痛みは麻酔で緩和

ウィンクリニックでは痛みに弱い人のために、麻酔クリームが用意されています。
希望する場合は、無料で利用できます。

照射漏れ再照射にも対応

再照射については、公式サイトで明言されていません。

無料カウンセリングで、確認しておきたいチェックポイントです。

硬毛化への対応

ウィンクリニックでは硬毛化にも適切に対処してもらえますが、公式サイトでは具体的な内容にまでは言及されていません。

気になるなら、無料カウンセリングで確認しておくといいでしょう。

まとめ

人差し指を立てる看護師 写真

ウィンクリニックの機械について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

機械の特徴を知れば、医療脱毛に対するクリニックのスタンスが見えてきます。

最後にここで、まとめておきます。

まとめ

  • ウィンクリニックの機械はジェントルマックスプロプラスの1機種のみ
  • 脱毛効果とシミへの効果で薬事承認を取得
  • 幅広い毛質や肌質に対応可能
  • 照射漏れの可能性アリ

ウィンクリニックは、熱破壊式でありながら幅広い毛質や肌質に対応できる医療脱毛専門クリニックです。

熱破壊式ならでは「痛み」や「照射漏れ」といったデメリットもありますが、「麻酔クリーム」や「再照射」で対応してくれます。

ジェントルマックスプロプラス確約クリニックとしては、料金もリーズナブルです。



ウィンクリニックでは現在、期間限定キャンペーンを2つ実施中です。

デビュープラン

  • 対象:部位を選択 5回コース
  • 料金:99,000円(月々1,000円~)
  • 期間:2024年3月31日まで
オープン記念キャンペーン

  • 対象:全身 + 顔 or VIO 5回コース
  • 料金:299,000円 → 180,000円
  • 期間:2024年3月31日まで

ジェントルマックスプロプラスでの施術が確実な上にこの値段は、相当お得です。
新規契約が制限されることもあるので、早めのお申し込みがおすすめです。

全身脱毛5回の通常料金(税込)

クリニック名 全身 全身+顔 全身+VIO 全身+顔+VIO
ウィンクリニック 230,000 299,000 299,000 350,000

ウィンクリニック毎回確実にジェントルマックスプロプラスで施術。
アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方で照射します。

院名 ウィンクリニック 大阪梅田院 ウィンクリニック 神戸三宮院
所在地 大阪府大阪市北区太融寺町8-2
エーワンビル5階
兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-3
協律三宮センタービル6階
アクセス 大阪駅徒歩5分
梅田駅徒歩5分
JR 三ノ宮駅徒歩1分
ポートライナー 三宮駅徒歩3分
阪神本線 神戸三宮駅 徒歩3分
診療時間 11:00~20:00 11:00~20:00
休診日 なし なし
おすすめポイント

  • スポット径は26mmを導入
  • アレキとヤグの両方を照射
  • 最大35,000円OFFの割引アリ
  • 追加料金不要
  • 新規契約の獲得より既存顧客の予約枠確保を優先
  • 医療ローンが利用できる
最新機種での施術を確約!